逆流性食道炎は薬で治療できない

逆流性食道炎は薬で治療できません。 その本当の理由を知りたいと思いませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆流性食道炎のチェックをしよう

逆流性食道炎のチェックをしようということで、
今日は簡単なセルフチェックを紹介しますね。


● 「むねやけ」が1ヶ月以上続いている。
● 「むねやけ」だけでなく、胃もたれ、胸の痛み、のどがおかしい等複数の症状。
● 酸っぱい胃液が込み上げてくることがある。
● ものを飲み込むとき、つっかえるような感じがある。
● 胸にしみるような痛みがある。
● 食べ過ぎたとき、脂肪の多い食事や香辛料のきいた食事をとったときに、「むねやけ」が酷い。

こういった症状なんですが、どうでしょうか?
自分に当てはまる部分はあったでしょうか?

こういう症状に当てはまる場合、まずはしっかりと確認すること。
そして最初はきちんと受診しましょう。
それから対策を考えていくのが正しいと思いますね。
スポンサーサイト

逆流性食道炎の症状で背中が痛い

逆流性食道炎の症状の中で、背中に痛みを伴うことがあるようです。
なんで背中が痛くなるの?って感じる方も多いと思いますが。

実際には、食道粘膜に炎症が発生していることが原因で、胸痛を感じる場合もあり、さらには背中に痛みを感じる場合もあるのです。その時によって表側なのか裏側なのかってことです。

痛みの現れ方も様々で、背中がピキンと痛んだり、ズキズキ痛んだりする、常に張っている感じがする、重い感じがする、などといった感じの違和感があります。

背中だから逆流性食道炎じゃないって思わないで下さいね。

後、別の病気の可能性ももちろんあります。例えば左側が痛む場合は、体の左側にある、心臓や肝臓といった臓器が関係しており、狭心症や肝炎の可能性もあります。

また、右側が痛む場合は、体の右側にある、胆のうや十二指腸といった臓器が関係しており、胆石や十二指腸潰瘍の可能性もあります。

体が痛みを出すって言う事は、どこかが悪いっていうサインなんです。
これをきちんと受け止めてあげて、そして対処していく。
そういうことが大事になってきます。
逆流性食道炎だけでなく、どんな病気でもいえることですね。


【逆流性食道炎を手術無しで治療したい方へ】

逆流性食道炎で苦しむ人は日常生活に問題がある場合がほとんどです。
そこをきちんと解決すれば、自宅で手術するのと同じような治療効果を得られます。

もちろん意味の無い薬による治療なんかじゃ無いですよ?
あれはあくまで症状を和らげるだけですから。。。

有名誌やTVにも多数取り上げられ、「日本の名医50人」に選ばれたあの先生が、
手術をしないで逆流性食道炎を治療する方法を初公開。

→→ 【91%の人が大幅に改善を実感】 1日10分の逆食改善プログラム ←←

これで手術などの高額でリスクが伴う治療を受ける必要はありませんし、
高い薬代を払い続けることもありません。

逆流性食道炎を一切気にしない、安心した毎日を送っていきましょう。

逆流性食道炎に漢方って効きますか

逆流性食道炎に漢方は効きますか?
ということで、今日は漢方について考えてみたいと思いますね。

まず漢方は東洋医学なんですが、薬に比べると、ゆっくりとした効果を発揮します。
ですが、薬のような副作用は無いのが特徴です。

よく逆流性食道炎の際には薬として胃酸を抑える薬が出されます。
よく行われる治療のひとつですね。

ただ、漢方で治療する場合は、その症状を抑えるのではなく、症状を出ない体質を作るというもの。
ただし、時間はかかってしまうのが欠点ですが。

ですが、元から治療していきますので、長い目で見るとそっちの方がいいのでは?と思います。

ただし、メリットばかりではありません。
なにせ一人一人、漢方は効く量や配合なんかが変わってくるのです。

だから『自分にフィットする漢方にあえるかどうか』が肝になります。

かなり配合などで詳しい人物が近くに居ないと難しい。
素人が出来るものではないですからね。
その点だけは、ちょっと面倒だなって思います。


【逆流性食道炎を手術無しで治療したい方へ】

逆流性食道炎で苦しむ人は日常生活に問題がある場合がほとんどです。
そこをきちんと解決すれば、自宅で手術するのと同じような治療効果を得られます。

もちろん意味の無い薬による治療なんかじゃ無いですよ?
あれはあくまで症状を和らげるだけですから。。。

有名誌やTVにも多数取り上げられ、「日本の名医50人」に選ばれたあの先生が、
手術をしないで逆流性食道炎を治療する方法を初公開。

→→ 【91%の人が大幅に改善を実感】 1日10分の逆食改善プログラム ←←

これで手術などの高額でリスクが伴う治療を受ける必要はありませんし、
高い薬代を払い続けることもありません。

逆流性食道炎を一切気にしない、安心した毎日を送っていきましょう。

逆流性食道炎はロサンゼルス分類で区別できます

逆流性食道炎はロサンゼルス分類で区別できます。
ロサンゼルス分類っていったい何なんでしょう?

逆流性食道炎の診断は、内視鏡検査が一般的です。その重症度の分類には、ロサンゼルス分類(LA分類)がよく用いられます。簡単に言えば、逆流性食道炎の症状をランク別にしたもので、程度がわかるというものですね。

ここでは、診断の基準に「粘膜障害」という考え方が取り入れられました。粘膜障害とは“より正常に見える周囲粘膜と明確に区分される、白苔(はくたい)ないし発赤(ほっせき)を有する領域”と定義されています。そこで、重症度については、この粘膜障害の広がりの程度でGrade A~Dの4段階に分類しています。

なかなかにわかりにくい専門的な表現なのですが。。。
つまり内視鏡なんかで見たときに、赤くなったり白くなったりしている部分に対して、見た目でその状態を判断しようという事です。そうとう赤い部分が多いから悪いとか、そういうことですね。

ちなみに日本人では、粘膜障害はないけれども「むねやけ」の症状を訴える患者さんが多いため、さらに内視鏡的に変化を認めないGradeNと、色調変化を認めるGrade Mを加えたLA分類の改訂版が広く使われています。

こういった複合的な診断によって、逆流性食道炎の状況は判断されているんですね。


【逆流性食道炎を手術無しで治療したい方へ】

逆流性食道炎で苦しむ人は日常生活に問題がある場合がほとんどです。
そこをきちんと解決すれば、自宅で手術するのと同じような治療効果を得られます。

もちろん意味の無い薬による治療なんかじゃ無いですよ?
あれはあくまで症状を和らげるだけですから。。。

有名誌やTVにも多数取り上げられ、「日本の名医50人」に選ばれたあの先生が、
手術をしないで逆流性食道炎を治療する方法を初公開。

→→ 【91%の人が大幅に改善を実感】 1日10分の逆食改善プログラム ←←

これで手術などの高額でリスクが伴う治療を受ける必要はありませんし、
高い薬代を払い続けることもありません。

逆流性食道炎を一切気にしない、安心した毎日を送っていきましょう。

逆流性食道炎 病院での治療方法は

逆流性食道炎の場合、どんな治療方法が病院で行われるのか?

最初は簡単な検査からです。
お医者さんの受診を受けながら、逆流性食道炎であるかどうかの判断をしていきます。

そこで出されるのはやはり胃酸を抑える薬など。
あくまで薬は胃酸を抑えたり、胃の粘膜の状態を悪くならないようにする程度です。

一般の人は薬を飲みつつ悪くならないようにしているのでは?

実際に弁などに不具合が生じている場合は手術などになります。
そうで無い人で、薬だけで良くならない人は、次に内視鏡の検査へと移行していきます。

病院では、まずは薬。その後治らなければさらにつっこんで検査をして、場合によっては手術。
主にこんな流れになっていますね。

その際に、注意してほしいのが、薬などの存在です。
病院は特にすぐに薬を出してくれます。それがどんどん依存してしまうんですね。

重要なのは『飲み続けなくてはならないこと』
高血圧なんかと同じで、薬では一旦治まるけど、また再発してしまいます。

必要なのは『体質をきちんと改善すること』です。
それを行わなければ、やはり再発して、ずっと飲み続けることになるでしょう。
だからこそ、毎日の生活に取り入れるのが大事なんです。


【逆流性食道炎を手術無しで治療したい方へ】

逆流性食道炎で苦しむ人は日常生活に問題がある場合がほとんどです。
そこをきちんと解決すれば、自宅で手術するのと同じような治療効果を得られます。

もちろん意味の無い薬による治療なんかじゃ無いですよ?
あれはあくまで症状を和らげるだけですから。。。

有名誌やTVにも多数取り上げられ、「日本の名医50人」に選ばれたあの先生が、
手術をしないで逆流性食道炎を治療する方法を初公開。

→→ 【91%の人が大幅に改善を実感】 1日10分の逆食改善プログラム ←←

これで手術などの高額でリスクが伴う治療を受ける必要はありませんし、
高い薬代を払い続けることもありません。

逆流性食道炎を一切気にしない、安心した毎日を送っていきましょう。
利益確定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。